読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/11/3 GN125Hのオイル交換3回目。自分でやるCPって・・・。

前回のオイル交換から1,500kmくらい?

マニュアルどおり、3,000kmごとに交換しようかと思ってたんだけど、こないだヘッドライト交換してもらいに購入店に行ったときに、「だいぶオイル黒ずんでますね」「マニュアルどおりにやるより、見てて黒ずんできたら変えたほうがいいですよ」「だいたい1,000kmくらいが一般的です」などなど教えてもらったので、後日、仕事帰りに2りんかんに寄って、オイルと廃油用の箱を買っておき、今朝、オイル交換することにしたのだ。

余談だが最近、6時起床を習慣づけたいと思って、頑張って早起きしている。そして、週末と平日とで起床時刻を変えないことがいいそうなので、祝日の今日も、早起きしたのだが、オイルを温めるために、まず近所を一周走らせてみたら、冬の朝の空気がとても気持ち良かった・・・。

3回目のオイル交換。

やってみると簡単な作業なので、もう手慣れたもんだ。用意するものもわかってるし。

DSC_0702.jpg

団地のようなところに住んでるので、地面も汚さないようにバイクの下に紙を敷いて・・・

DSC_0701.jpg

廃油を受けるやつを下に置いて使い捨て手袋をはめて、プラグを抜いて、オイルを抜く。

オイルを抜いてるあいだに、拭くだけの洗車と、チェーンのオイル足しもしておいた。

DSC_0703.jpg

今回使ったオイルはこれ。

ネットでGN125Hは鉱物油を使ったほうがいいようなことが書いてあったんだけど、あんまり鉱物油が売ってなかったので2りんかんのスタッフさんに相談してみたら、「GN125Hくらいなら、どれでも大丈夫ですよ」と言われたので、もとが1,800円くらいなのが1,300円くらいに下がっていたヤツを買ってみた。

◆オイル交換のCPについて・・・

そもそも自分でオイル交換をしようと思ったのは、近所のバイク屋さんで少し不愉快な思いをしたことがきっかけ。

小さなことだったけど、「この人に自分のバイクを任せるのは不安だな」と思う出来事があった。

それで、ネットで色々調べたり、本を買って読んだりして、できそうなメンテナンスから挑戦してるとこ。

でも、今回のオイル交換で思ったんだが、あんまりCP高くない。

オイルが1,300円(もとは1,800円)、廃油の箱が350円。

たしか、近所のバイク屋でやってもらったときは、1,300円いかなかったはず。

自分でやるぶん、どんなオイルを使っているかなどは把握できてて、「中国嫌いっぽいバイク屋さんが中華バイク持ってきた客をぞんざいに扱ってる」みたいな不信感を抱くことはない。

そのぶん、素人の仕事であるだけのリスクはあるから一長一短。

だいたい同じ金額出してて、不快な思いはしないけれど、素人仕事のリスクがあるっての、ちょっと悔しい。

・・・ということで、「他の人はどうしてるのかな?」とネットで調べてみた。

×廃油を受ける箱は、コストコで140円くらいで売ってるらしい。

 →コストコにアクセスしやすい環境でない。

●要らない服などを袋に入れて、廃油を受ける箱を自作する。

 →廃棄方法だけ確認しなきゃだが。

●「シェブロン シュプリーム 10W40」なる格安オイルがあるらしい。

いらない服を使う作戦はいいとして、格安オイルすごいな。

400~600円くらいの値段のようだ。

品質大丈夫なの?と口コミをチェックすると、荒れに荒れてて意見がわかれていた。

ただ、悪く言ってる人のほうは根拠がなさそうだったのと、もしかしたら他のオイルのメーカーの人なのかも?って感じがした。

反面、「シェブロン使っててもう2万キロ乗ってる」ってブログ書いてる人もいたし、アメリカのオイルらしいんだけど、アメリカでは普通に使っているらしいから、試す価値はあるかもと思った。

コストコに売ってるらしいけど行けないから、ネットで探そうかな。

≪追記≫

このあと行先を決めずに走ってみた。

駆け出しからスムーズで、幹線道路なんかで流れに乗ってるとき、70~80km/hくらいの速度が一時的に出たこともあったが、その速度が出ていることに気づかないくらい、振動や音が少なかった。

メンテナンスをするとバイクが応えてくれるね。

2016/10/30 GN125Hのメンテナンス頻度

ヘッドライトを交換してもらったついでに、いつもの整備士さんに、最近メンテナンスを自分でやってみていることを伝え、いろいろと知識を伝授してもらった。

とりあえずメンテナンスの頻度について、Kモータースの整備士さんおススメの時期をメモがてら書いておく。

●オイル交換・・・1,000kmごと。マニュアルには3,000kmとあるが1,000kmがいいらしい。

●オイルフィルター・・・5,000kmごと。

●エアフィルターエレメント・・・10,000kmで十分とのこと。洗浄または交換。

●スパークプラグ・・・普通に使っていれば10,000kmで十分とのこと。

●チェーンメンテナンス・・・今の調子でGOOD。

●オイルコックのフィルター・・・GN125Hの説明書きには1,000kmごととあるが、ネットで検索しても、交換してる人を見かけないので質問してみたら、「粗悪なガソリンを入れられたときに汚れるパーツだが、日本国内で給油しているぶんには当面気にする必要はない」とのこと。

ブレーキオイル、ブレーキフルードも気にしたほうがいいらしいが、今後の課題だな。

とりあえず、整備士さんのおススメの頻度でメンテナンスしようと思う。

2016/10/30 GN125Hのヘッドライト交換

ヘッドライトが暗いので、交換してもらうことにした。

ネットを検索すると、M&Hマツシマというメーカーの…

品名 H4BS

品番 204 VN

定格 12v 45/45w

…という商品あたりが、暗いことで有名なGN125Hのヘッドライトの、互換性のある電球として定番のようだった。

そこで、購入店舗にあらかじめメールで「これは適合しているか?」「在庫はあるか?」などの質問をしてみたところ、

「適合しているが、GNは出力が足りないので、つけたら返って暗くなる」

「輸入品になるが、ハロゲンの純正品があるので、こちらをおすすめする」

とのことだった。

在庫もあるということなので、購入店舗Kモータースへ。

店長に話を聞くと、

・GN自体が出せる電圧が低いので、つけたら返って暗くなる

・物によっては明るくなるものもあるが、回路がやられてしまうことがある

・回路そのものをHID化(?)すればいいが、何万円かかかる

…とかなんとか、そういうことだった。

純正品の電球は、M&Hマツシマとかわらなかったので、これにかえてもらった。

値段は同じくらい。

帰り道、すでに日は落ちていたが、ちょっぴり、明るくなったかなと思う。

(劇的に明るくはならなかった。)

ちなみに、GN125Hが暗いのはなぜか聞いてみたら、「昔のバイクはあんなもんだったよ」とのこと。

2016/10/30 佐和山城址ツーリング

イージス防寒着のおかげで今季のタンデムに乗り気になった嫁を後ろに乗せて、彦根までツーリング。

つわものどもが、ゆめのあと

いつ来ても、何だかしんみりするスポットです。

彦根駅前の八千代のひこね丼。

彦根の銘菓、埋もれ木。

嫁はひこね丼と埋もれ木を食べたいがために彦根に行きたがります。

今日は久しぶりによく晴れた週末だったので、ツーリングしてるグループがたくさんいた。

あと、ハロウィンだからか、コスプレしてバイクに乗ってる人もいた。

すれ違うライダーと、手を振り合うことができると、楽しさ が倍増するな。

2016/10/29 失敗。増し締めしすぎてボルト折る。

失敗談。

2回目のチェーン清掃のとき。

前の歯車の箱、フロントスプロケットカバーを開けて清掃して、チェーンメンテナンスも終わったあとのこと。

カバー内側の汚れもひととおり落とせたので、ボルトを締めていったんだけど、なにしろ素人が見よう見まねで作業をしている。

もともとの知識で、対角線上にボルトの締めを強めていって、8~9割ぐらいでやめるってのはわかってたんだけど、最終的にどのくらいの締め具合にしたらいいのかわからない。

そこで試に、もともととまっているのパーツの締め具合を確認してみると、けっこう「ガッツリ」留まっていて、8~9割ってレベルじゃなく感じた。

「これはけっこう締めなきゃな」と思って力を込めたところ、「ピーン!」と何だか儚い金属音がして、スパナの手ごたえがなくなる。

「あ、やっちゃた」

ボルトが中で折れていました。

もともとカバーは3本のボルトでとまっているので、1本破損したからといって、すぐにバイクに乗れなくなるものでもない。とりあえず、マスキングテープでその箇所をとめて、「なんとかしなきゃな」と考える。

(けっこう凹んだ)

ネットで調べると、オイルを染み込まれてゆるくして、「ネジザウルス」という専用の工具でつまんで引っ張り出す方法などが書いてあったので、工具屋に行く。

工具屋さんに見てもらいながら相談するも、ちょっと無理。

DSC_0692.jpg

けっきょく2りんかんに持って行き、ピットの人に頼んでみたら、ものの5分ほどで抜いてもらえました。

工賃が540円に、新しいボルトが320円。

1,000円弱で復旧できたのはラッキーだったな。

▼教訓。

ボルトの増し締めは、一回強くねじこむんじゃなくて、適度な頻度と強度で行おう。

2016/10/29 竜王アウトレットとイージス防寒着

嫁がバイクの後ろで「寒い、寒い」と言い出したので、帰宅して、先々週買ったイージス防寒着を着せてみた。

メンズMサイズだったけど、ありとあらゆる裾をしぼることができるので、身長155cmの嫁でもまあ着れた。

「寒いので外出たくない」って文句言ってた嫁には「これ、あったかいよ~」「お布団着てるみたい」と、かなり好評で、「これ着てたら平気だから、バイクでどっか行こうよ」となって、午後の3時だったけど、竜王アウトレットまでプチツーリングをすることに。

DSC_0688.jpg

スポーツウェアとかサルエルパンツとか、嫁が服を買うのに付き合ってあげて、「金沢もりもり寿司」食べて帰った。

北陸新幹線が開通してから、21世紀美術館や兼六園がひどく混雑するようになったと聞き、年に3~4回行ってた金沢も、ずいぶん長いこと行ってない。

「なんだかなつかしいね」とのどぐろのお寿司を食べてから、21時前に帰った。

今日気づいたんだけど、喉かわいたまま、寒い中バイクを運転すると、やたらと「アツアツのコーヒー」がほしくなるね。。。

2016/10/29 ワークマンでブーツ&防寒パンツ買った。

最近、ワークマンがアツイ(自分の中で)。

 

先々週、「イージス」という防寒着を衝動買い。

冬の北陸をツーリングしたいと思い。

 

先週、カーキ色の防寒パンツを衝動買い。

内側がフリースになっているのだ。

 

・・・ところが、防寒パンツ。

 

くるぶしより少し上までの、ワークっぽいデザインのショートブーツをはいてバイクに乗ると、スソから冷たい風がビュービュー吹いてくる。

 

裏地フリースは、あきらかに保温効果が高いんだが、これがキツイ。

 

そこで考えたのが、これ。

 

DSC_0691.jpg

 

ワークマンの作業靴。

 

嫁から「ドイツ兵みたい」って言われたけど、まさに。

 

あの乗馬パンツとロングブーツ格好いいと思ってたんだが、バイクに乗るにあたって、「防風」「防寒」を求めてたら、結果としてたどりついてしまった。

 

もともと「ファッション=TPO」とか「ファッション=機能性」な性格で、「ファッション=ステイタス」「ファッション=自己表現」ってのが、ごくありきたりの健全なアパレルというか、ファッションセンスだと思うのだが、俺はどうにも「なんでこんなとこに模様つけるの?」「なんでこんな意味不明な英文をプリントするの?」とか思ってしまって、「おしゃれ」からは程遠い人間なので、こういう格好を思う存分できるって意味でも、バイクはいいなぁ。