読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/10/29 チェーン清掃2回目。

整備

走行距離がもうじき10,000km。

チェーン清掃は1,000km毎と決めたので、ちょっと時間が空いたのでやってみた。

前回は、前の歯車の箱(フロントスプロケットカバー)を開けることができなかったが、7mmのソケットを買ったので、今回は開けられる。

ということで、2回目のチェーン清掃。

こないだ買った7mmのソケットと伸ばすやつをラチェットスパナに装着して、フロントスプロケットカバーを開けてみると、子供のころ遊んだ紙粘土のようなねばり具合のゴミがそこらじゅうに。黒い油脂と砂利が混じったものらしい。カバーと内側とフロントスプロケットいったいが、何だか血のりが固まったような汚れでおおわれている。

大まかなドロドロをキッチンペーパーでこそぎ落したあと、パーツクリーナーを噴射して、あちこち落とす。血のりとドロドロは、噴射の勢いで半分くらいは落ちてくれる。落ちるそばから、バイクの下に敷いた古新聞にクリーナーが溜まる。

一応、団地の共有スペースなので、新聞を追加して、アスファルトが汚れないようにする。

パーツクリーナーとキッチンペーパーで清掃していたが、細かい隙間はむずかしいし、汚れは強烈にこびりついているので、全て落とすことはあきらめた。

DSC_0633.jpg

チェーン清掃のほうは、このあいだネットで買ったチェーンブラシを。

歯ブラシは少しやわらかすぎてチェーン清掃には役立たなかったが、チェーンブラシはチェーン清掃用のものなので、当然のことながら、落ちる、落ちる。

チェーンクリーナーを吹きかけながら、三方向同時にごしごしやってやると、みるみる汚れが落ちてくれた。

DSC_0260.jpg

このあと、シールっての?チェーンの継ぎ目ひとつひとつにルブを噴射して、軽く拭き取った。

ただ、どのくらいの量が適量なのかが、いまだにわからない。

≪追記≫

このあと片道1時間くらいの距離を、後ろに嫁を乗っけて運転した。

心なしか滑らかにスプロケットとチェーンが滑走しているのを感じた。

スロットルの加減が、素直に走りに伝わっているのを感じた。

メンテナンスすると、バイクが応えてくれるのが楽しい。

2016/10/22 工具。7mmディープソケット、ソケットアダプター。

整備

GN125Hのフロントスプロケットカバー(前の歯車を収納してる箱)を開けるため、7mmディープソケットとソケットアダプター購入。

DSC_0668.jpg

メンテナンスできるようになりたい!とホムセンで工具セットを買い、こないだ初挑戦したわけだが、ホムセン工具箱付属のソケットは8mmまでしかなく、どうやら7mmらしいフロントスプロケカバーのボルトを開けることができなかったのだ。

しかも、GNで工具屋まで行って、現物を見せて相談に乗ってもらったところ、驚くべき事実が判明した。

DSC_0669.jpg

なんと、スプロケカバーとクランクケースを留めているボルトがそれぞれサイズがちがうのだ!!

微々たる差なので一見したところわからないのだが、クランクケースが8mmで、スプロケカバーが7mm。

「なんで!?」と店員さんと爆笑してしまった。

こないだ開けられなかったときは、しょせん日曜大工の入門セットだからだと思っていたが、原因はGN125Hのほうだった。

ホムセン工具箱たぶん日本で流通しているボルトがたいがい8mmまでだからで、GN125Hは中華バイクだから日本ではあまり使われない7mmのボルトが使われているからなんだろう。

そして、一番地面に近い個所のボルトは、ちょっと長さが必要そうだったので、ソケットアダプターも買うことになった。

▼GN125Hのフロントスプロケットカバーを開けるには7mmのソケットが要る。

≪経緯≫

こないだ初めてチェーン洗浄をやったとき、チェーンを回しながら磨きつづけているのに、黒い脂がこびりついているのがとれない。磨いたときには落ちているのにおかしいなと思い、よく観察してみると、きれいに磨いたチェーンが、前の歯車の入ってる箱から出てくるたびに黒く汚れて出てくる。

よくしかもフロントスプロケットカバーの周辺が、他の箇所より一回り汚れている。どうやら箱の中が、すごいことになってるらしい。誰かがYouTubeにあげた動画でも、そこを開けたら黒い汚れの塊が出てきたのを見たので、ここは是非開けて、きれいにしておきたいと思っていたのだ。

縄跳び

時間がないサラリーマンにおすすめ。

駐車場で縄跳びなんかしてると、必死にダイエットしてるみたいで恥ずかしいかもしれないけど、始めてみると、そんなの気にしなくなる。

ジョギングと違って引き返す必要がないから、やめようと思えばすぐに中断できる。

2~3ヶ月前にフと思いついて始めたのだけれど、最初やりだしたときはあまりの負荷の大きさにびびった。

なにしろ、最後に縄跳びをしたのは小学生のことで、当時の体重は覚えてないけど、この10年で体重が10キロ増えてるから、小学生が軽い身体を跳躍させるのとはワケがちがう。

60キロ近い体重の大人が素速いジャンプを連続で繰り出すのは並大抵のことじゃないのだ。

始めた頃は数年来経験したことのない脚の筋肉痛、肉離れを引き起こし、翌日もアイタタタ…とびっこをひいていた。

それでも家の前の駐車場で、ものの20分もあれば汗だくの全身運動ができる魅力が勝って、ここ最近、たまにやってる。

注意すべきは、車の前でしないこと。

縄跳びは自分の後ろに砂利を飛ばしまくるので、ひとさまの車の前でやるのはご法度なのだ。

はじめは5分飛び続けて一分休憩し…を2~3セットしてたけど、最近は100回飛んで60呼吸休んで…を10セットやってた。

今週、なんか負荷を増やしたくなったので、200回とんで60呼吸休んで…を5セットにしてみた。

60呼吸のときにストレッチもするといい。

あと、縄跳びのナワも色々試してみよう。

こないだスポーツショップで買ったやつは、とてもバネのきくゴム製なのだが、飛び続けるとねじれが出てきた。

100均のはすぐに取っ手がこわれたし。

あと、靴も、靴底に凸凹のないものがいいらしい。

ショックを吸収するかなと深いくぼみのあるランニングシューズを試してるんだが、どうもナワがくぼみにひっかかって、何度も中断してしまった。

たまにしかやってないので、今のところダイエットや運動不足解消の効果のほどはわからないけど、準備や移動などのロスタイム抜きで、ホントに20分でできてしまうので、毎日できるもんならやりてえなあ。

福井旅妄想

11月、嫁が友達の家に外泊するので、そのときにバイクで福井へ行こうと思う。

 

やりたいこと。

 

(1)セイコ丼を食べる。

(2)越前そば食べる。

(3)水仙みる。

(4)温泉はいる。

(5)永平寺いく。

 

このまえ敦賀に行ったときは2時間半で行けたので、早朝4時くらいに家を出て、9時くらいには越前岬に着いて、水仙が見れるはず。

水仙のピークには早いらしいけど、1年中見られる植物園みたいなのがあるらしい。

 

越前岬から東尋坊へ2時間くらい見ておいたら、東尋坊でお目当てのセイコ丼が食べれるはず。

 

午後は三国エリアを自由に散策して、三国温泉を堪能する。

 

夜は宿にチェックインしてバイクを預けたあと、三国エリアの越前そばを食べに行って、どっかの割烹で一杯やって終了。

 

二日目。

 

早朝に出て、永平寺

バスで来たときはいつも素通りしかできない、團助ごまどうふでお昼。

これをゆっくり観たあとは、だらだら帰る。

できたら8番らーめんで晩飯とかいきたいな~。

 

以上、たのしい旅の妄想。

 

 

 

 

2016/10/16蕎麦、鴨、鯖寿司

膳所の渚庵でランチ。

f:id:zdtk:20161105114325j:plain

大津絵の暖簾。

店内にもメジャーな絵柄からマイナーなのまであって飽きない。

滋賀の地酒、松の司も置いてある。

嫁の友人は「蕎麦屋で一杯」にはまってるらしいが、こんな店だと美味しくお酒が飲めそう。

f:id:zdtk:20161105114541j:plain

今日は嫁を初めて連れてきたので、蕎麦、鴨、鯖寿司のフルセットを頼んだ。

ご馳走である。

東京から嫁いできたので、嫁はしょっちゅう滋賀を田舎だと嘆くが、美味いものを食べさせてやると黙る。

見応えのある寺社仏閣は多いし、観光地としてはマイナーなのであまり混んでいない。

盆地なので海の幸だけはあまり望めないが、美味いものがけっこうある。

嫁のあれないの?これないの?に応えようと探してみると、結構何でもある。

小学校高学年から引っ越して来て、馴染めない思いを抱き続けてきた滋賀県を気に入ってもらう役回りをせざるを得なくなって、図らずも、結構気に入りはじめている自分がいる。

2016/10/15 ビワイチツーリング&ゆるキャラグランプリ

ツーリング

会社の同僚、F田くんとツーリング。

7:30に草津の道の駅で待ち合わせして、反時計回りのコース。

まず彦根城ゆるキャラグランプリを観に行った。

F田くんにあわせてラーメン、肉にぎり、かき氷と立て続けに食べたが、・・・よく食うな。

そのあとひたすらビワイチ。

途中、道の駅で「激辛青唐辛子」「笹団子」「古漬けたくあん」買った。

しょうじき、湖西は景色はいいのだが、ツーリングで立ち寄るほどのところは少ない。

白髭神社のあたりで給油したのち、神社を見学。

F田くん、きちんとお賽銭を入れて、手をたたいてた。

俺はやらないけど、悪い習慣ではないと思う。

道路を渡って、白髭神社をゆっくり見た。

shirahige.jpg

思い返せば、ゆっくり座って観たのは初めてた。

そのあと湖西の道路を南下。

161号線は、俺の125ccバイクでは乗れないので、下道で帰った。

和邇くらいから車の流れが悪くなり、慢性的な渋滞。

やっぱり湖西のほうは田舎だし、道路の整備状況もよくないので、いつも渋滞してるな~。

大津の島ノ関まで来て、ロイヤルホストで休憩をとったあと、近江大橋のところで手を振ってわかれた。

ちょっぴり物足りなくなってきた。

もっと距離を伸ばそう。

そしてF田くんには悪いが、ツーリングは一人のほうが好きかもしれないなぁ、と思った。

2016/10/15 初・エアフィルターのメンテナンス

整備

サイドカバー外して、ドライバーでカバー外す。

フィルター取り外して、中性洗剤で洗って、干す。

干してるやつは次回の交換に使うことにして、ネットで買った替えのフィルターを装着。

おどろくほど簡単だった。

▼中性洗剤

ダイソーで洗剤を買うときに注意してみたら、そう書いてあるのと、ないのがあった。

「お風呂用」と書いてあったのを買った。

ネットで検索したら「食器洗い用の洗剤」使ってる人がいたので気にしない。

▼フィルター洗う。

マニュアルには3,000kmごとと書いてあった。

10,000km弱走ったからさぞかし汚れているだろうと思ったが、意外ときれいだった。

滋賀が田舎だからか。

洗ったら、黄色く濁った。オイルのせいらしい。