読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログ引っ越します。

はてなブログ、使いすぎるんで、よそのサービスの引っ越します。

 

PCから投稿しようとしたら、エディタが重すぎてフリーズしてしまう。

フリーズしないときでも、キーボードを打つ速さにエディタの上の文字がついてこない。

ということで、もうこのサービス利用するの嫌だ。

 

引っ越し先が決まったらここに告知するかどうかわかんないけど、たぶん「ツダブログ」という名前をひきつぐと思う。

 

はてなフォトライフ」はけっこう前から使ってるから、アルバムとしては利用しつづけるけど。

 

困ったもんだ。

 

 

 

2016/12/12 高架下商店街、自転車、更地、古着屋、トイレ、蕎麦屋、鉱石、銭湯

夢日記

こんな夢をみた。

一人でゴミゴミとした商店街を歩いている。線路か高架下の商店街のようで、幅は狭く、天井は低い。

テナントは刃物屋、古着屋など、古臭い商店街にありがちなものばかり。
新聞を読み、タバコをすいながら店番をしているオヤジなど、似たり寄ったりな光景。

これに道路が横切り、商店街が途切れるところまで至り、商店街の隘路を抜けようとしたところ、自転車があらわれ、オレの脇w強引にすり抜けて商店街に入ろうとした。

「アブネージャネーカ!」と、一気にこれに腹を立てて、手を出して自転車を阻止する。

声に驚いたのか、自転車に乗っていたヤツはどこかへ走って逃げた。

自分の手には自転車が残る。

ムシャクシャしてどこかに放置しようと思うが、商店街の入り口なので、邪魔にならないところまでひきずろうと、高架下から抜け出る。

上を通っていたのが線路なのか幹線道路なのかはわからないが、雑草の生えた、荒れた更地の多い場所を歩いていた。

どこかに自転車を放置せねばと思うが、なんだかそのまま歩いている。

ときどきブルーシートの張りめぐらされた得体の知れないカタマリや、ほぐれ切ったビニール紐がひらひらとゆらめく謎の看板がある以外は、何ブロックか更地の続くとおりを歩き続ける。

数メートル向こうに、旧市街地らしい建物。

人が住んでいるのか、店でもやっているのか、どれもこれもひっそりとしているが、次第にチラホラと人の気配のする建物が増える。

繁華街が近づいてきたのかもしれない。

古ぼけた建物から、建物そのものは古いが、お洒落な内装にリノベートした、稼働中の店舗が目に付き始める。

そのうちの一軒にフと興味がわき、その場に自転車を放置して、足を踏み入れる。

古着屋か雑貨屋のようで、ディスプレイには店主のこだわりを感じる。

2階にあがってみると、トイレのようだ。

ただ、トイレにしてはだだっ広い。

そして、薄暗い空間が、不思議なアンティークで装飾されている。

照明がおさえられていて、奥まではかろうじて見渡せるくらい。

置かれているアンティークも、かろうじてそれとわかるくらいに光を反射している。

便器だけは驚くほど平凡なもの。

用を足して外に出てみると、店が古着屋から蕎麦屋と銭湯のような場所に様変わりしていた。

木製のしつらえで統一された店内では、入り口から向こう側のカウンターで、湯上りらしい様子の、浴衣を着た当地客たちが、何か太い麺の蕎麦を食べている。

ずずず・・・と美味そうにすする音を聞いているうちに、自分もここで蕎麦を食べたくなる。

ただ、どうにも地元民らしい客ばかりだし、品書きも、値段も、店員もいない。

そのうち店の人間が出てくるだろう、と入り口に置かれた、籐細工の座椅子に座る。

目の前には何かの鉱石を切断した置物が安置されている。

とても巨大で、なめらかで、平板。

黒光りするその表面を眺めていると、これに映る自分の虚像が、ひどく疲れた様子でこちらを見返している。

「ウン、一風呂浴びていこう。そのあと、蕎麦を食べよう。」

と決めて、店内の、蕎麦屋のほうではなく、銭湯の番台のようになっているがわに足を踏み入れる。

番台は外国人で、「見ていくだけでもいい」と言ったので、更衣所に足を踏み入れる。

風情があって素敵だ。蕎麦も美味そうだし。

と思っていたが、ロッカー代金が驚くほど高く、観光客向けのぼったくり店だった。

つまんねーな、まあ、話のネタにはなるだろうから一風呂浴びて、蕎麦も食べていくが、二度は来ないだろうな。

・・・などと考えていたところで、目が覚めた。

 

 

2016/12/08 テールランプ電球交換

整備

最近は寒いので、エンジン始動させたらチョークをひっぱって、手袋をはめたり、ウェスでミラーとメーター、余力があれば車体の樹脂パーツ、メッキパーツを拭いたりして、その間に暖気している。

 

いつもなら乗車前点検のようなことはあまりせず、バイクにまたがるとミラーを調節するていど。

 

それが今朝はなんとなく、ウィンカーなどの点灯確認をしてみた。本当に偶然。

 

すると、テールランプが点いていないように見える。

 

いざ、「あなたのバイクはONにするとテールランプが灯りますか?」と聞かれても、かくと答えられる人はそう多くいまい。僕もよくわからず、「こんなんだっけ?」と、ただ違和感を抱くばかり。

 

冬の朝とはいえ、陽の光はすでに鋭く、ブレーキペダルを踏んでみても、ついているのか、ついていないのかよくわからない。これが、普段から意識して見ていればすぐに異常だとわかるのだろうけれど、なんだかよくわからない。

 

不安はあったが、そうは言っても出勤時間も近づいてくる。そのままバイクを走らせ、会社に向かった。

 

夜。

 

仕事を終え、駐車場で朝と同じようにランプを確認してみると、やっぱりテールランプが点いていない。

 

近所の2りんかんに直行することに決めた。

 

バイクを走らせていると、やはりテールランプがないことによる視認性の低下か、いつもより後続車両に距離を詰められていると感じた。

 

信号で停まると、バイクにまたがったままテールランプを確認。

 

ときどき、灯る。

 

ときどき、何の反応もなくなる。

 

そんなこんなで、2りんかんに到着。

 

テールランプが切れたままだと通勤に支障が出るので、仕事を早く切り上げていたのが幸いして、閉店までまだ十分余裕を持って入店。

 

店の人に声をかけ、状況を説明し、点検してもらうと、何のことはない。ただの電球切れだった。

 

f:id:zdtk:20161208221124j:plain

 

今日の帰り道の数十分の間でさえ、何度か後続車に距離を詰められていた。

 

横断歩道に歩行者をみとめ、後続車との間に充分距離があるときには、停車して歩行者を渡らせるときもしばしばある。そんなとき、テールランプが点いていなければ、後続車は、横断歩行者に気づかないどころか、前を走る僕のバイクが減速したことにさえ気づかない危険がある・・・最近はスマホを操作しながら走る車が本当に多いから。

 

まして、バイクは仕事に行く妻を駅まで送る手段でもある。

 

妻を後ろに乗せているときだったら、さらに危険は増す。

 

人は、小指が欠けても、あらゆる動作に支障を感じるという。

 

小さな電球だったけれど、テールランプが無い数十分間、バイクと、バイクの安全な走行というのはあらゆる機能が一体となって全体をなしているのだなとまざまざと感じさせられた。

 

とりあえず、覚えとこう。

 

GN125Hは、キーを差し、ONにすると、テールランプが灯る。

 

ブレーキを踏むと、そのテールランプがさらに明るく灯る。

 

 

f:id:zdtk:20161208221123j:plain

▼懸案事項

僕のGN125Hは中華バイク。


2りんかんの人は「心配ない」と言っていたが、交換してもらった電球で本当に支障がないのかちょっと不安。

 

納車から1.5年で電球が切れた。

 

最初のチェーンもずいぶん安物だったようだし、テールランプも、もしかすると安物だった可能性がある。

 

2016年の12月のアタマにテールランプの電球を交換したことは覚えておこうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

ストーブの上でプデチゲ

プデチゲは韓国料理。

原語の漢字表記では、「部隊鍋」。

野営している兵士たちが、調達できるあらゆる食べ物をぶちこんだことこら来ている。

スパムミート、ソーセージ、もち、キムチ、色々な野菜、麵をぶちこんで大雑把に煮込む。

どこが気に入ったのか、韓国で初めて食べた嫁にすこぶる好評で、韓国料理屋に行っても注文する。

ただ、外食すると辛すぎるようで、いまのところお気に入りの店はないらしい。

f:id:zdtk:20161127091725j:plain

嫁が韓国の定番インスタントラーメン「辛ラーメン」を買ってきて、プデチゲを作ってくれ、と。

何だかよくわからないけど、灯油ストーブの上で焚きながら食べることになり、「戦後の闇市」ごっこをしながら鍋をつついた。

最近、袋入りラーメンを野菜と煮込んだものを嫁が気に入って、よく作らされる。

健康志向の嫁にしてはめずらしいが、キャンプみたいな貧乏生活なので、キャンプみたいに楽しむことを覚えたのだろう。

思えば大阪に住んでいた幼児のころ、おばあちゃんの家の窓から外を眺めていると、公園のホームレスが焚き火をはじめ、懐こら取り出したサッポロ一番を、裏返した鉄兜にためた水道水で、実に器用に調理して食べているのを見たのが、袋入りラーメンの原風景かもしれない。

祖母は「いや!ルンペンやわ、やらしい!中に入ってなさい!」と騒ぎ出したのに、僕が興味津々ながめつづけていると、「うまいことつくりよるな、やらしい」と祖母もある意味、感心してたな。

まさか僕が、古びた灯油ストーブでグチョグチョになるまで焚いた韓国のインスタントラーメンを妻とつつく大人になるとは思いもすまいw

三十路男の筋トレ

会社の敷地内に古びた筋トレ部屋がある。

ベンチプレスはじめ、もっぱら筋トレをするためだけの器具が置いてある。トレッドミルなど有酸素系はない。

存在は知っていたが、身近に利用している人もなく、興味はあったがみたこともない状態。

それが、若い同僚が利用しているのを見かけ、便乗させてもらった2016の夏頃から、昼休みになるとたまに利用させてもらっている。

一時期、昼休みの筋トレ部屋は四人のメンバーで混雑していたが、一人来なくなり、一人支店を異動になり、常連の若い男の子と、たまに来る僕だけになった。

ベンチプレス。

フィットネスジムでは、いつも暑苦しい連中が陣取っていて、ライトユーザーの僕には入挑戦する気にもならない器具だったが、ここに来ると使っている。

はじめは40キロを持ち上げるのにも難儀していて、ようやく50キロは軽く持ち上げられるようになってきた。

ただ、肩と腕の継ぎ目が慢性的に痛い。

メンバーは皆、どちらかといえば小柄なタイプが多く、ずんぐりむっくりのチビの僕のほうが、なんだかイカツク見えるような気もする。

だからなのかわからないが、皆、60キロくらいの重さから負荷が高く感じ始めるらしい。いわく、自分の体重を超えはじめるとキツイ。

じゃ、まあ60キツイと思っててもいいかな。

2016/11/12 福井ツーリング①日目(1)出発~越前でおひるごはん

ツーリング

GN125Hに乗って、福井に一泊ツーリングに行ってきました。

小型バイクなんで、したみちオンリー。

冬の入り口なんで、服装は・・

・革ジャン
・マフラー
・長袖カットソー
・防風アンダーウェア
・裏地がフリースになってる作業パンツ
・厚手のタイツ
・くるぶしまであるブーツ

ウィンターグローブも用意したけど、操作に慣れなくて、いつものグローブに戻った。

そして、早朝に滋賀県を出て、朽木村のあたりを走っている時間帯が寒さのピークで、あとはあまり寒さを感じなかった。

一度、バイクで来て一泊して、うろうろしたことのある敦賀を通過したあとは、日本海側の道を延々。

f:id:zdtk:20161113213642j:plain

なんか映画の配給会社みたいな景色をみたり・・・

 

f:id:zdtk:20161113213643j:plain

道の駅では魚の干物を作ってたり・・・

 

f:id:zdtk:20161113213644j:plain

日本海を臨む気持ちの良い道をひたすら走ってた。

 

f:id:zdtk:20161113213645j:plain

そして、越前のあたりに来て、そろそろおひるごはん。

 

当初、いちど来たことのある東尋坊の「ヤマニ水産」でお昼を食べようと思っていたが、予定より早く越前に入ったこともあり、「せっかくバイクで来てるんだから、気ままに店を探してもいいかも」と思い、越前の港町を散策することに。

 

何だか80年代風の旅館と、戦後っぽい風情の旅館とが混在する漁師町で、バイクでゆっくり走っていると、ちらほらと、海の幸を使った料理を出す店の看板が見える。

 

正直、どこもかしこも建物が古めかしく、パッと見るだけでは営業しているのかしていないのかよくわからなかったが、意を決して一軒を選び、店内に入ってみると、中は地元の人たちで満席。順番待ちの表に名前を書いて、待つことになった。

 

ところが、一軒目の店で待っている最中、店の男の子に確認してみると、お目当てのメニューがないことがわかる。

 

「あらら、レアメニューなのかな?」と思いながら、30分くらい待っていたその店を後にしてたどりついたのが、「海の幸食処 えちぜん」。

 

f:id:zdtk:20161113213650j:plain

ちょっと俺が求めている雰囲気よりは観光地っぽさが強かったが、店の前で作業をしていたオヤジに確認したら、お目当てのメニューを出していることがわかったし、「この店を選んで正解ですよ~」って言ってくれたので、「1時間待ち」とか言われたが、名前を書いて待つことに。

 

f:id:zdtk:20161113213651j:plain

港町をうろうろしたり、天気がよかったので、階段に座って漁師さんたちの様子を見ながらウトウトしたり・・

 

f:id:zdtk:20161113213649j:plain

イケスの越前ガニを眺めたりして、のどかに時間をつぶした。

 

なんでもズワイガニの雄のことを福井のほうでは越前ガニと呼び、富山では松葉ガニとか呼ぶらしい。また、越前ガニの雌のことをセイコガニと呼ぶんだとか。

 

カニについてる黒いプツプツはカニビルと言う、ヒルの一種が寄生していた跡らしい。

なんでも、脱皮したてのズワイガニは味の点で劣り、またカニビルは日本海にしか生息しないということもあり、カニビルのついたズワイガニは、脱皮してから時間が経っており、その間、日本海で生息していたということで、箔がつくらしい。

 

しかし、カニビルってのは、殻を破ってカニの体内に侵入するのかね。

 

カニをずーっと観察してたら、黒いプツプツのひとつに、けっこう長いヒルがビロ~~~ンとくっついてて、ぎょっとした。

 

f:id:zdtk:20161113213646j:plain

そんなこんなで、ようやくありつくことができたメニューが、これ!

「セイコ丼」

越前ガニの雌、「セイコ」を2杯、ふんだんに使ったどんぶり!

ホタルイカの沖漬もついててうれし~。

 

 

f:id:zdtk:20161113213647j:plain

カニの脚とか、胴体とか、ミソとか、全部位が食べやすくほぐして入っている。

 

f:id:zdtk:20161113213648j:plain

この黄色の札が、正当な越前ガニの証明。

バッタモンじゃないんだよ~と。

 

今回の福井旅行は、これが食べたかったのでした。

もっしゃもっしゃと、贅沢にカニのドンブリをほおばり、幸せな気分いっぱいで、店をあとにしましたとさ。

(2)へ。

 

早起きテクニック

先日まで朝7時起きだったが、思うところあって、6時起きに変えようとしている。

これまでも、何度も早起きの習慣化に取り組み、短期的には成功するものの、長いこと根づかず、すぐにもどの朝寝坊に戻ってしまう、ダイエットのリバウンドみたいなことが常態化していた。

とはいえ、いままで幾度となく早起きを習慣化しようとしてきて蓄積してきて、有効だった方法も知らないではないので、今回もモチベーションの続くかぎり、早起きを習慣にしていこうと思う。

早寝 夜更かしすれば翌朝起きづらくなるのは当然のこと

日光 昼間に浴びておくと夜眠くなるらしい。

カフェイン コーヒーよりも緑茶のほうが多く含まれるらしい。

目覚まし時計 スヌーズは駄目だ。

f:id:zdtk:20161105113752j:plain

ということで、目覚まし時計を枕元の小卓に置いて、その手前に水出しできるカップを置いた。

アラームが鳴ったら、いやでも起き上がって止めないといけないし、起き上がったらそこに水出しされた濃い緑茶があるというわけ。

これにかぎる。うん。